注文住宅の施工を依頼するメリットを知っておこう

住宅模型

健やかに暮らせる家作り

玩具の家

低コストで対策

近年、建材などで使用されるホルムアルデヒドなどの有害物質による健康被害のシックハウス症候群の話題が名古屋でも聞かれるようになりました。一戸建てを建てる際には十分気をつけなければなりません。シックハウス症候群対策として、名古屋でも無垢材がフローリングなどによく使われるようになりました。また、デザイン性が高いこともあり、珪藻土や漆喰も名古屋では人気の素材です。しかし、これらは材料費が高い上、フローリングのワックス塗装や壁材塗装の工事費もかさみます。なるべくコストを抑えるために塗装は思い切って自分達で挑戦してみるのもよいでしょう。壁材に関しては代替案として珪藻土風クロスやペーパークロスなど、湿気や有害物質を吸ってくれるものを張るのも1つの方法です。塗装に比べ割安で空気を浄化する効果もあります。但しこの場合、接着剤の種類には気を配りましょう。壁や天井にクロスなどを張らず、仕上げ材をそのまま見せてしまうというものおすすめです。建てた一戸建てで長く暮らすことを考慮し、バリアフリーについても考えておきましょう。大掛かりなことをしなくても、例えば床に段差を作らないように鴨居や引き戸のレールをおさめる、間口を広めにとる、引き戸を採用する、スイッチの位置を低くするといった少しの工夫を施すだけで一戸建てに住む高齢者にはありがたいものです。将来名古屋で移動補助器具が必要になった時の一戸建てリフォームも最小限で済むはずです。